学校案内

つながるココロ、大切にしたい
「人と関わる仕事がしたい」「困っている人のチカラになりたい」
“好き”という気持ちが、相手とつながる初めの一歩です。
SOCではココロを大切に、
医療や介護の現場で活躍するスペシャリストを育成します。

法人名 学校法人 鈴鹿文化学園
学校名 鈴鹿オフィスワーク医療福祉専門学校
住所 〒513-0826 三重県鈴鹿市住吉2丁目24-9
連絡先 Tel.059-370-0311 Fax.059-370-0312

社会を支える人材となるため、みなさんを応援します。

今は先行きが予想できない不透明な時代です。しかし、本学はどのような状況にも対応できる実力とスキルを備えた人材育成を行っています。実践的教育をめざして、豊富な実習を取り入れた充実のカリキュラムを展開。医療・福祉の分野に不可欠な「人間性」も重視し、幅広い教養を身につけていきます。数多くの協力機関でのインターンシップなど産学連携による教育も特徴です。地域のため、人のために力を発揮したいという意欲に燃える学生をお待ちしております。
学校法人鈴鹿文化学園 鈴鹿オフィスワーク医療福祉専門学校 理事長・学校長 菅谷耕治 


地域医療の場で活躍する人材を期待。心も磨いてほしい。

地域医療において医療事務・介護福祉士など専門職への要請は高く、鈴鹿オフィスワーク医療福祉専門学校が果たす役割は大きいものです。県下でも数少ないこの分野の教育機関として、人材育成が期待されます。学生の皆さんには、医療・福祉の場に必要な知識と同時に、「思いやりの心」「やさしい言葉」も身につけてほしいですね。
一般社団法人鈴鹿市医師会 会長 西城英郎


人間として福祉人として成長し、常に自己研鑽を。

高齢者介護サービスが多様化し、障がい者の分野でも制度が変わりつつある今、介護人材が一層求められます。そんな中、鈴鹿オフィスワーク医療福祉専門学校は、鈴鹿市内唯一の福祉系専門学校として地域福祉の中核を担います。「人間の尊厳を中心にとらえる」という介護の基本と専門知識を習得し、常に学び続ける姿勢を持ち続けてください。
三重県介護福祉会(社団法人日本介護福祉士会 三重県支部) 会長 大田京子


活動的で積極的な姿勢が大切です。

近年の医療技術の進歩は目覚ましく、より高度にあるいは専門的に細分化されています。したがって実際の現場で勤務する皆さん方にとっては最新の知識を習得する必要があります。その中でも調剤報酬は2年おきに改訂され、また、レセプト請求業務は必ず毎月やってきます。日々の業務を行いながら毎月のルーチンワークを消化し、さらに新しい知識を習得するといった活動的で積極的な姿勢が求められることになります。また、本来の業務に最も必要なことは、患者様を中心とした接遇能力だけではなく、同じ職場で協働する他のスタッフとの連携・コミュニケーション能力が重要視されています。人とともに人を相手とした仕事であるが故により魅力的で行動的、積極的な人物像が求められることになるわけです。いつまでも自己研鑽に励む姿勢こそが最も必要とされることだと考えています。
社団法人鈴鹿地区 薬剤師会会長 藤本 修嗣


交通アクセス

ページ上部へ戻る